京成千葉線の特急「ちば特急」に関する情報

京成千葉線の特急「ちば特急」は完全な仮想列車です。京成電鉄に「ちば特急」は存在しません。ちば特急なる電車は完全な仮想列車ですので、京成電鉄への問い合わせも控えてください。

「ちば特急」を妄想した経緯

「ちば特急」はその名の通り、千葉へ行く特急である。京成は本線重視のダイヤとなっており、京成津田沼から分岐している千葉線には全く力を入れていない。 立地ポテンシャルや沿線人口がありながら、各駅停車しか運行しておらず、JR総武快速線と総武線各駅停車に後塵を拝している。更に千葉中央駅から先の千原線は複線用地がありながら 経営破たんした千葉急行時代の遺恨があるのか、全く活用されておらず、単線20分ヘッドという大手私鉄の場末路線のような状況であり、蘇我駅、外房線鎌取駅、誉田駅、内房線浜野駅に利用客を奪われている状況にある。

以上の経緯から、駅名ドットコムは、京成電鉄の千葉線の沿線人口と隠れたポテンシャルを活かすために特急運行を提案する。

「ちば特急」の停車駅

「ちば特急」の始発駅は京成上野駅である。停車駅は他の列車との混乱を防ぐため、本線特急と同様とし、日暮里、青砥、京成高砂、八幡、船橋、京成津田沼とする。

京成津田沼から千葉線に転線し、次の停車駅は幕張本郷とする。これは乗り換え便利な幕張本郷で今までJRに奪われてきた利用客を取り戻すためである。 幕張本郷の次は京成千葉までノンストップとし、京成千葉から先は各駅停車とする。

本線:京成上野 - 日暮里 - 青砥 - 京成高砂 - 八幡 - 船橋 - 京成津田沼
千葉線:京成津田沼 - 幕張本郷 - 京成千葉 - 千葉中央 - 千葉寺 - 大森台 - 学園前 - おゆみ野 - ちはら台

「ちば特急」の運転間隔

「ちば特急」の運転間隔は10分ヘッドとする。10分ヘッドであれば総武快速線や総武線各駅停車と対等な競争が可能であり、外房線・内房線よりも運転本数が多い。 「ちば特急」がJRと本気で競争するのであれば10分ヘッドは死守すべきである。京成上野と京成津田沼との間の本線ダイヤに工夫が必要になるが、関東の大手私鉄の中でも 京成本線は閑散ダイヤであり、1時間6本程度の増発は可能である。

なお、「ちば特急」の運行に伴い、千葉線の各駅停車は全て千葉中央止まりとなる。

「ちば特急」の編成

「ちば特急」は全て6両編成とする。これは、千葉線と千原線のホームが6両編成までしか対応していないためである。 京成上野と京成津田沼との間に6両編成の優等列車を運行することになるが、この特急は単純増発であり、本線の特急・快速に変化はない事から、特段の支障は発生しない。

ちはら台駅周辺マップ


大きな地図で見る

ページのトップへ戻る