鹿児島・桜島観光に関する旅行・観光・トラベル情報

鹿児島市は鹿児島県の県庁所在地で、錦江湾と雄大な桜島は有名で多くの観光客が訪れます。古くは島津藩77万石の城下町として栄えた鹿児島は、 豊かな自然と個性ある歴史・文化などの観光資源に恵まれており、桜島などの火山や緑あふれる森林、豊富な温泉などがあります。

鹿児島・桜島観光に関する旅行・観光・トラベル情報は、 鹿児島県観光サイト 本物。の旅かごしま鹿児島観光ポータルサイト「ほっとかごしま」桜島観光案内公式ポータルサイトいおワールド かごしま水族館鹿児島の達人 天文館どっとこむ名勝 仙巌園[磯庭園] を参照のこと。

鹿児島中央駅や隣接する商業施設、ホテルの情報は、JR九州 鹿児島中央駅フレスタ鹿児島アミュプラザ鹿児島ソラリア西鉄ホテル鹿児島 を参照のこと。

鹿児島中央駅に乗り入れしている路面電車、路線バス、バスターミナルの情報は、鹿児島市交通局南国交通JR九州バス を参照のこと。

鹿児島市の中心駅であると鹿児島中央駅と、中心街である天文館は離れた位置にあり、鹿児島市電の路面電車で結ばれている。 鹿児島市電は新幹線の鹿児島中央駅、日豊本線の鹿児島駅、指宿枕崎線の南鹿児島駅と接続しており、利便性が高い。

九州新幹線による鹿児島へのアクセス

鹿児島中央駅には九州新幹線の終点であり、新大阪、博多方面からのみずほ、さくら、つばめの終着駅である。 みずほ、さくらは山陽新幹線で新大阪駅まで直通運転を行っており、博多駅と鹿児島中央駅との間は1時間当たり2本の新幹線が運行している。 在来線時代の特急つばめ号が1時間間隔であったことを考慮すると格段に利便性が高くなっている。

日豊本線の特急にちりん号による鹿児島へのアクセス

鹿児島中央駅、鹿児島駅と日豊本線の宮崎駅との間には1〜2時間間隔で特急きりしまが運行している。以前、日豊本線には特急にちりん号が博多駅(小倉駅)から西鹿児島駅(鹿児島中央駅) との間を全線走破する形で運行していたが、現在は博多から大分までのソニック号、大分から宮崎までのにちりん号、宮崎から宮崎までのきりしま号に分割されている。

高速バスによる鹿児島へのアクセス

鹿児島中央駅、天文館まで福岡(天神、博多)、熊本、長崎、宮崎、大分との間に高速バスが運行している。 福岡(天神、博多)との間は30分〜1時間間隔で運行しているが、それ以外の路線は本数が少ないので利用する際には注意が必要である。

鹿児島空港から鹿児島市街地へのアクセスについて(航空機によるアクセス方法)

鹿児島空港は福岡空港に次ぐ、九州第2の規模を誇る空港である。東京(羽田)、大阪(伊丹、関西)、神戸、名古屋(中部)、福岡、沖縄(那覇)、静岡、松山、鹿児島県内の離島から直行便が運航している。

鹿児島空港から天文館、鹿児島中央駅、市役所前、高速船ターミナル、交通局前、県庁前までリムジンバスが運行している。

鹿児島中央駅、鹿児島空港での乗り換え情報

鹿児島中央駅での乗り換えについては JR九州 鹿児島中央駅 を参照のこと。

鹿児島空港での乗り換えについては 鹿児島空港ビルディング を参照のこと。

鹿児島中央駅周辺マップ


大きな地図で見る

ページのトップへ戻る